賃貸マンションに一人暮らしする時の初期費用相場は?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

(。・ω・)ノ゙ こんばんは。
新年度もすでに1週間が経ちましたね。新しい環境にも慣れてきましたか?
実際暮らしてみたら予想と違った・・・なんて話がちらほら聞こえるのもこの時期柄でしょうか・・・。

引っ越しはしなきゃいけないけど、新年度もどんどん近づいてきて、ゆっくり探せず、物件も少なくなって慌てて部屋を探して引っ越したはいいけど、
いざ住んでみたらお部屋の設備や周辺環境等に自分が思っていたのと違うところがあって、引っ越したばかりだけど、もう一回探し直して引っ越そうと思う方もいたり、
「安いから」と寮に入ったけど、やっぱり一人暮らしが良い!という人もいるのも現状です。

そこでよく耳にするのが【引っ越し貧乏】という言葉。文字の通り、ちょくちょく引っ越しすることで出費がかさんでしまっている状態です。
お部屋を借りる初期費用だけではなく引っ越し料金も中々あなどれないですよね。
引っ越しも荷物の量や移動距離で費用が変わるように、初期費用も条件によっては色々と変わってきます。
では、一人暮らしの賃貸での初期費用はいくらぐらいなのでしょうか?
キャンペーン等で違ったりすることもあるので、現状の東京の相場でのご紹介です。

不動産屋さんで「初期費用ってどのくらいですか?」と聞くと、今ですと「大体、家賃の4.5~5.5倍くらいです」と言われることでしょう。
ざっくりと言うとこの辺りの額となります。
内訳としますと、
・前家賃
家賃を払う場合、大体は翌月分を前月末に払います。住みはじめる月の家賃は初期費用で払います。物件や住み始める月によってはその翌月分も初期費用に組み込まれる場合があります。
結果として支払う金額は変わらないのですが、家賃によっては初期費用に含まれるかどうかで金額も大分変ってきますね。

・敷金
大家さんに預けるお金です。退去時の原状回復費用はここから差し引かれます。東京では1か月分が相場です。敷金がゼロの代わりに、最初に定額のクリーニング代を払う場合もあります。

・礼金
大家さんにお礼として払うお金です。人によっては「コッチが入居するのになんでお礼しなきゃいけないの?」と言う人もいますが、古くからの慣習というやつですね。こちらも相場としては1か月です。

・仲介手数料
不動産屋さんに支払うお金です。基本的に私たちの売り上げとなる、お客様からいただけるお金はここだけとなります。

・火災保険料
万が一に備えて保険は必要です。会社やプランにもよりますが、2年で15000~20000円となります。地震保険つきですともう少し高くなります。

・その他
連帯保証人さんの代わりに保証会社さんをご利用の場合の保証会社利用料や、オーナーさんや管理会社さんも24時間対応はできないので、代わりの24時間対応サービス、水回りやバルコニーへの殺虫消毒等があります。

上記が相場となり、8万円のお家賃だとすると35~40万円が初期費用となります。
それでも金額としては決して小さい額ではないですが、私が不動産業に就いたばかりのころは敷金、礼金2か月ずつが当たり前でした。
一人暮らしの初期費用で60万円オーバーはザラという時代に比べると大分安くはなったと思います。

初期費用、少しでもお安くなるように交渉は頑張ります!お部屋探しは賃貸住宅サービス三鷹店へお気軽にどうぞ。
http://www.mitaka-cjs.com/